ドリフトの大会で必要なパワーを考える

今目指すステージはD1地方戦、もしくはMSCチャレンジエキスパートクラス。

180SXのエンジンがブローして、次のエンジンはどんな仕様にするべきか・・・と、ない頭を使って考える年末年始・・・

そもそも今回のエンジンブロー、開けてみた結果内容的にはこんな感じでした。

 

・2番コンロッドメタル終了
・クランクメインジャーナルキズ大 2箇所
・シリンダー内縦キズ
・オイルポンプ 異物混入によるキズ

 

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:靴

 

クランク交換、シリンダーも掘る・・・

ならいっその事2.2L・・・???

 

そこまで考えたものの、実際費用を考えるとそんな予算はない・・・
でもせめてオーバーサイズピストン位入れたいなぁ・・・
使ってた期間も期間だしバルブガイドも・・・いやどうせヘッドやるならハイレスキット・・・

 

うーん・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

 

オーバーサイズピストンとボーリングだけでも+10万、ハイレスで+10万、そう思うとやっぱり最低限だなぁという結論。

実際地方戦レベルで500馬力オーバーなんてRB、JZ系の一部の車だけだろうし、腰下純正RSタービンでもいけるはず・・・

目標は350-380馬力、ってことで中古使いつつノーマルできっちり組むってことで。

ポート加工とかお金かからずできることはやろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です